<印鑑は自分自身の分身>

私達が社会生活を過ごしていく中で印鑑は欠かせないものになっております。例えば、私達が誕生した時には出生届けに印鑑が押され、死亡した時には死亡届けに印鑑が押されます。また、人生の節目でもある結婚の際には婚姻届けに印鑑を押します。その他、銀行や郵便局で口座を作る際や、土地取引などの財産に関する手続きをする際も印鑑は必須です。印鑑は私達の存在の証明としての役割があり、すなわち、印鑑は私達の分身とも言える役割を果たしていると言えます。

ご覧になられている環境では、NEWSが閲覧出来ません。別ページにてご覧下さい。

<印鑑で運勢が変わる>

運勢には生まれ持った運勢である先天運と、物や行動や環境によって変わる後天運の二種類があります。後天運は持ち物や行動や環境を変えるなどの自分自身の心掛けで変えることができます。いい印鑑を持つことによって姓名が持つ霊力を引き出すことができると言われており、後天運を変えるための手段の一つとして、自分自身の分身である印鑑を変えるという手段があります。

<印相学に基づく印鑑>

私達の顔や手に人相や手相があるのと同じように印鑑にも印相によって吉凶があると印相学では言われております。印相学では、いい印鑑を作る際に主に3つのことに重点を置いています。一つ目が印鑑が何の印材を使って作られているかということです。二つ目が、印鑑の印面が印鑑の持ち主の名前や生年月日から基づく星と調和しているかということです。三つ目が、東洋の運命学の基盤である易学の「配当図」印相八方位に名前・生年月日の星が調和して彫って有るかどうかという点です。生まれ持った姓名の画数が凶数にあたる場合には、字体を変化させる方法や印鑑の外枠の丸と氏名との接点を増やすなどの方法をで画数を吉数に変えます。

実印

本人の象徴であり、運勢を 豊かにし、
繁栄に導く実印

tiger_eye

銀行印

財運印で蓄財運を高め、財産を殖やして運気上昇

learn more

仕事印

持つ人の存在を高めて、福の神を招く成功印

learn more

認印

認印は家運を豊かにし、毎日を開運に導く

learn more