<タリズマンとは>

タリズマンとは、主に、願望の成就を目的とし結界のようにエネルギーを封じ込めた物で「護符」や「魔除け」「お守り」もタリズマンの一種になります。日本でタリズマンという言葉を紹介したのは、朝倉三心氏で、著『タリズマン学入門』には、「運命を好転させ、幸福を守るパワーや、働きや効果のある品物を総合的に呼ぶ言葉」と記されています。同じような意味で、「チャーム」「アムレット」がありますが、これらはお守り的な要素が強く、タリズマンの方がより強力なパワーを持っているとされています。

ご覧になられている環境では、NEWSが閲覧出来ません。別ページにてご覧下さい。

<各地のタリズマン>

タリズマンに記されている柄にはいくつかの種類があります。例えば、キリスト教圏の国々ではキリストやマリア、ヒンズー教圏の国々ではシバ神やガネーシャ、イスラム教圏の国々ではアラー、仏教圏の国々では釈迦や七福神など、各宗教圏で特有の神々が記されていることが多くあります。その他、中世ヨーロッパではダビデの星(ヒランヤ)や魔方陣の柄がタリズマンに記されることが多くありました。

<芸術としてのタリズマン>

タリズマンとは、護符を示すものという考えがありますが、作者が何らかのパワーを込めて創造した「アート」や「書」もタリズマンの中に含まれます。タリズマンアートの代表的な作者として挙げられるのが、サザビーズ・オークションでも非常に高い評価を得ている孔柏基画伯です。彼は、5歳から絵師につき中国山水画の手ほどきを受け、版画を主に創作をしておりましたが、文化大革命の時期に無実の罪で二年間労役に課せられます。革命後に釈放され、永年畏敬の念を捧げていた、敦煌・莫高窟を訪れ、寺院や壁画、石仏群などに感銘と掲示を受け、この地で創作を開始します。この時に描かれた作品が絶賛を浴び、やがて世界的な名声を確立します。

大黒天

飾るだけで大吉祥、ツキが出て福が来る!
招福効果、満点
福と財運を呼ぶ大黒天名画

tiger_eye

観世音菩薩

「あなたを幸福にする不思議な絵」として一大ブームを起こしたタリズマンアート。

learn more

七福神

風水七福神 財運招来図
飾るだけで吉祥あふれる家相へと転じます。「七福神」は、古来より信仰を集めてきた福の神。
七人全員集まればまさに向かうところ敵なし。

learn more